そこらへんのゆとり女

ただのOL事務脱出計画実施中。

LINEで「ちょっと遅れる!」と言えば遅刻していいものなのか?

遅刻が気軽にできるようになった時代

「ちょっと遅れる!」がLINEでの決まり文句になってきている気がする。

 メールでもなく、電話でもなく、LINEという"気軽にとれる連絡手段"によって、遅刻までも気軽にできるようになった。

 

例えばこんなLINEのやりとり。

f:id:systemgirl:20171115074227j:image

このトークを読み取ってみよう。

・まず、この汗の絵文字を付ければ、まぁなんとかなると思っている。

・泣いている何かしらのスタンプを送って申し訳なさを前面に押し出そうとしている。

・この「15分くらい」はプラス5分〜10分と見積もった方がいい。

なぜこんなことが分かるかって?自分もそうしていたからだ。←クズ

でもある本を読んで考え方が変わった。

(『神・時間術』という本なんですが、今度紹介しようと思います)

 

遅刻は相手の時間を奪うこと

例えば自分がたった10分遅刻したとする。相手がその分、さらに10分待つ。仮に相手が自分より5分早めに着いていたとしよう。これはつまり、相手の時間を15分奪ったことになるのだ。

 もし、寝坊して30分も遅刻してしまったらどうだろうか?当たり前だが、遅刻する時間が伸びるほど相手の時間を奪う。

 

「ちょっと遅れる!」が口癖になっている人はいないだろうか?これは結果として膨大な時間を相手から奪ってきていることになる。

 

遅刻は相手からの信頼も失う

さらに、遅刻するととは、相手の時間を奪うだけでなく、自分への"信頼"も失われていく。

「どうせこの人はまた遅刻するだろう。」

「あの人いつも遅刻してくるよね。」

「あの子いつも遅れてくるから少し遅く出よっと。」

とか。

実際に私は以前まで遅刻癖があって、友達はそれを理解していたため、あえて家を遅く出ていると聞かされたことがある。なんかものすごく情けなくなり、恥ずかしくなった。

 

信頼って一度無くなってしまうと、戻すことってなかなかできないと思うんです。こうならないように、LINEの気軽さに甘えず、時間はしっかりと守っていきたいものです。